カテゴリー別アーカイブ: スキンケア

保湿によって有効に美容液を使いましょう

 

美容液を日常的に使うような美容に関する意識の高い方であれば、保湿の重要性についてご存知の方が多いと思います。

しかし、まだまだ認識不足の方や、乾燥を甘く見ている方もいらっしゃいますので、乾燥と保湿について考えてみましょう。

乾燥がお肌の大敵であることと、保湿が美容の基本であることは、美容に詳しい方の揺るがざる共通認識です。

乾燥は、お肌のさまざまなトラブルの原因なのです。

乾燥によるお肌のトラブルの最たるものはシワです。

シワは、長い年月をかけて現れてくるために日常的に意識することは難しいものですが、見方を変えると、長い年月をかけてケアをしてあげるべきものなのです。

しっかりとケアをしてあげれば、年齢を重ねていくほどに実感ができます。

シワができる仕組みは、お肌にできるわずかなシワが、長い年月をかけて目に見えるほどの深さと大きさになってしまうのです。

そして、最初にできる小さなシワを防ぐためには保湿が重要なのです。

保湿の重要性が分かったところで、保湿をした後のケアについてです。

化粧水と乳液でしっかりと保湿した後は、美容液を塗られる方が多いでしょう。

参考までに、お肌の乾燥は美容液を無駄にしてしまう原因でもあるのです。

なぜ、乾燥が美容液を無駄にすることになるのか。

それは、乾燥している肌に塗ってもほとんど吸収されないためです。

特に多い勘違いとして、化粧水を塗っていない乾燥した肌に塗ると、しみこんでいく感じがするというものです。

これは最もしてはいけないことです。

しみこんでいくのではなく、無駄に蒸発してしまっているのです。

化粧水と乳液でしっかりと保湿した肌であればこそ美容液が浸透し、効果を発揮します。

高級な美容液を使われている方もたくさんいらっしゃると思います。

アヤナスの通販

化粧水と乳液も同様ですが、それぞれに効果的な使い方があります。

細かい使用方法は製品によって異なることもありますので、カウンセリングコーナーなどでアドバイスを受けると良いです。

 

 

紫外線を浴びた後のケア

 

紫外線は、シミやシワ、たるみなどの肌老化を引き起こす原因の約65%を占め、さらに、細胞のDNAを傷つけて肌構造そのものまで変性させてしまいます。

こうした美肌の最大の敵とされる紫外線の有害性は、現在、広く知られるようになってきています。

今は対策することが当たり前となってきており、日焼け止め以外にも、目を守るためにはサングラスを着用したり、UVカット加工されたカーディガンやパーカーなどで日に当たりやすい腕などをカバーするほか、帽子や日傘で紫外線をブロックしたり、腕を守るためのアームカバー、首を守るためのネックカバーやストールなどが販売されています。

しかし、どんなに対策をしていても油断して紫外線を浴びてしまったということもよくあると思います。

そんな時には、しっかりケアすることによって、紫外線によって引き起こされる肌トラブルを予防していくことができます。

外側からのケアとしては、シミが気になる場合にはシミ予防のできる美白化粧品を利用していきます。

メラニン色素の生成を抑えて、シミやソバカスを防ぐことができるようになります。

ビタミンC誘導体が配合している場合が多く、ビタミンC誘導体が入っていれば、紫外線によって発生する活性酸素を除去することもできます。

また、肌の潤い成分であるセラミドなどが減少してしまう原因にもなってしまうため、肌のバリア機能を守るために、さらに、肌の弾力性を支えるコラーゲンも劣化させて、ほうれい線や二重あごなどのたるみとして現れるので、しっかり保湿をしていくことも大切となります。

紫外線は活性酸素の生成を促します。

活性酸素が増えるとシミやシワ、ガンなどの病気の原因となってしまうため体の内側からもきちんとケアしてくことが必要です。

本来、体には活性酸素を除去する仕組みが備わっていますが、年齢を重ねるとともに加齢の影響で、その機能は衰えてきます。

そこで、体の内側からのケアとして、活性酸素を除去する効果の有る抗酸化物質をたくさん摂取することがオススメです。

抗酸化物質が含まれる栄養素としては、代表的なビタミンCを始め、ビタミンBやビタミンE、βカロチン、ポリフェノール、リコピンや食物繊維など様々なものが挙げられます。

基本的には、緑黄色野菜や果物、海藻類、魚類などに多く含まれているためこれらを意識しながらバランス良く摂取していくことが大切です。

食事として摂取することが理想ですが、足りない場合にはサプリメントを利用するのも良いとされています。