nisisan のすべての投稿

紫外線を浴びた後のケア

 

紫外線は、シミやシワ、たるみなどの肌老化を引き起こす原因の約65%を占め、さらに、細胞のDNAを傷つけて肌構造そのものまで変性させてしまいます。

こうした美肌の最大の敵とされる紫外線の有害性は、現在、広く知られるようになってきています。

今は対策することが当たり前となってきており、日焼け止め以外にも、目を守るためにはサングラスを着用したり、UVカット加工されたカーディガンやパーカーなどで日に当たりやすい腕などをカバーするほか、帽子や日傘で紫外線をブロックしたり、腕を守るためのアームカバー、首を守るためのネックカバーやストールなどが販売されています。

しかし、どんなに対策をしていても油断して紫外線を浴びてしまったということもよくあると思います。

そんな時には、しっかりケアすることによって、紫外線によって引き起こされる肌トラブルを予防していくことができます。

外側からのケアとしては、シミが気になる場合にはシミ予防のできる美白化粧品を利用していきます。

メラニン色素の生成を抑えて、シミやソバカスを防ぐことができるようになります。

ビタミンC誘導体が配合している場合が多く、ビタミンC誘導体が入っていれば、紫外線によって発生する活性酸素を除去することもできます。

また、肌の潤い成分であるセラミドなどが減少してしまう原因にもなってしまうため、肌のバリア機能を守るために、さらに、肌の弾力性を支えるコラーゲンも劣化させて、ほうれい線や二重あごなどのたるみとして現れるので、しっかり保湿をしていくことも大切となります。

紫外線は活性酸素の生成を促します。

活性酸素が増えるとシミやシワ、ガンなどの病気の原因となってしまうため体の内側からもきちんとケアしてくことが必要です。

本来、体には活性酸素を除去する仕組みが備わっていますが、年齢を重ねるとともに加齢の影響で、その機能は衰えてきます。

そこで、体の内側からのケアとして、活性酸素を除去する効果の有る抗酸化物質をたくさん摂取することがオススメです。

抗酸化物質が含まれる栄養素としては、代表的なビタミンCを始め、ビタミンBやビタミンE、βカロチン、ポリフェノール、リコピンや食物繊維など様々なものが挙げられます。

基本的には、緑黄色野菜や果物、海藻類、魚類などに多く含まれているためこれらを意識しながらバランス良く摂取していくことが大切です。

食事として摂取することが理想ですが、足りない場合にはサプリメントを利用するのも良いとされています。

 

 

背中やお尻のニキビは・・・

 

暑かった夏が終わり「すっかり涼しくなった・・・」と感じるような秋になると、何処か旅行に行きたいという気分になります。

秋と言えば、紅葉や美味しい食べ物を目的とした旅行シーズンでもあり、友人や会社の同僚同士で、温泉に入ってのんびりし、美味しい物を食べながら女子会という計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、楽しく友人と温泉に入りたいのですが、背中やお尻に赤いニキビがボツボツとたくさんできていて、恥ずかしくて温泉に入りたくない・・・という悩みを抱えている女性も多くいらっしゃいます。

あるいは、自分では気が付かなかった背中やお尻のニキビを友人から指摘され、せっかくの楽しい旅行がブルーな気分に落ち込んでしまうというケースもあるかもしれません。

そんなニキビのブツブツを何とか消したいという思いから、入浴時に、硬いナイロンタオルなどでゴシゴシと強く擦ってしまう方がいらっしゃいますが、これは危険な行為です。

確かに、ブツブツした部分を強く擦ると、盛り上がりが取れてスベスベの肌に治ったように思われますが、強く擦った部分が傷になり、そこから炎症を起こしてなかなか消えないシミになる恐れがあります。

また、普段からニキビができている部分でなくても、ゴシゴシと強く擦って洗う習慣がある方は、摩擦黒皮症というシミができる場合がありますので注意して下さい。

こうした背中やお尻のニキビ対策としては、まずは、綿タオルでニキビを傷つけないように優しく洗うことが大切です。

そして、油分を多く配合しているボディソープよりも、余分なものを含まないシンプルな固形石鹸がオススメです。

また、肌に触れて刺激するザラザラしたレースやラメ入りの素材などは避けて、汗を掻いた時はすぐに着替えて、清潔な状態を保つようにしましょう。

後は、顔のニキビと同じなので、夜更かしをして寝不足の状態が続いたり、無理なダイエットで栄養が偏らないようにして、規則正しい生活習慣を送ることが必要です。

そして、どうしても治らない時は、専門のクリニックや皮膚科で診てもらいましょう。