必須脂肪酸のEPA・DHAとは?

 

近年、メダボリックシンドロームと呼ばれる生活習慣病の予防や健康を維持するために役立つ健康成分として注目されているのが、必須脂肪酸のEPA・DHAです。

実際に、インターネットショッピングなどで、EPA・DHAを配合したサプリメントが各メーカーから数多く販売されており、売り上げを伸ばしているようです。

では、一体、EPA・DHAとは、どんな成分なのでしょうか?

EPAは、「エイコサペンタ酸」、DHAは、「ドコサヘキサエン酸」の略で、サバやイワシなどの青魚に豊富に含まれ、「必須脂肪酸」という健康な体を維持するのに欠かせない成分です。

脂肪酸は、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに分かれます。

「飽和脂肪酸」は、肉類や乳製品の脂肪に多く含まれ、常温では溶けにくいので、体内では固まりやすく、摂り過ぎると血液の粘度を高めて動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす恐れがありますので、健康のためには摂取量を控えたほうがいいとされています。

一方、「不飽和脂肪酸」は、融点が低いので常温でも液状で存在し、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」をバランス良く摂ることで、中性脂肪やコレステロールを調整し、血液をサラサラにして、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などを予防します。

さらに、「不飽和脂肪酸」は、「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類でき、EPA・DHAは、「多価不飽和脂肪酸」に含まれます。

しかし、この「多価不飽和脂肪酸」は、体内で合成することができませんので、食物から摂取しなければなりません。

このような外部から摂り入れなければならない脂肪酸を「必須脂肪酸」といいます。

また、DHAは、人の脳や神経組織の成分となり、発育、機能維持に不可欠なもので、「DHAを十分に摂取すれば、頭が良くなる・・・」といわれています。

http://www.f-beauty-health.com/

厚生労働省は、DHA及びEPAを1日、1.000mgを摂取するように推奨していますので、毎日の食事で、EPA・DHAをたっぷりと含むサバ、イワシ、マグロ、マダイ、ブリなどの青魚を積極的に食べるように心がけましょう。

でも、毎日、魚を食べるのは難しい・・・という人は、サプリメントを活用すると簡単にEPA・DHAを摂取することができます。