背中やお尻のニキビは・・・

 

暑かった夏が終わり「すっかり涼しくなった・・・」と感じるような秋になると、何処か旅行に行きたいという気分になります。

秋と言えば、紅葉や美味しい食べ物を目的とした旅行シーズンでもあり、友人や会社の同僚同士で、温泉に入ってのんびりし、美味しい物を食べながら女子会という計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、楽しく友人と温泉に入りたいのですが、背中やお尻に赤いニキビがボツボツとたくさんできていて、恥ずかしくて温泉に入りたくない・・・という悩みを抱えている女性も多くいらっしゃいます。

あるいは、自分では気が付かなかった背中やお尻のニキビを友人から指摘され、せっかくの楽しい旅行がブルーな気分に落ち込んでしまうというケースもあるかもしれません。

そんなニキビのブツブツを何とか消したいという思いから、入浴時に、硬いナイロンタオルなどでゴシゴシと強く擦ってしまう方がいらっしゃいますが、これは危険な行為です。

確かに、ブツブツした部分を強く擦ると、盛り上がりが取れてスベスベの肌に治ったように思われますが、強く擦った部分が傷になり、そこから炎症を起こしてなかなか消えないシミになる恐れがあります。

また、普段からニキビができている部分でなくても、ゴシゴシと強く擦って洗う習慣がある方は、摩擦黒皮症というシミができる場合がありますので注意して下さい。

こうした背中やお尻のニキビ対策としては、まずは、綿タオルでニキビを傷つけないように優しく洗うことが大切です。

そして、油分を多く配合しているボディソープよりも、余分なものを含まないシンプルな固形石鹸がオススメです。

また、肌に触れて刺激するザラザラしたレースやラメ入りの素材などは避けて、汗を掻いた時はすぐに着替えて、清潔な状態を保つようにしましょう。

後は、顔のニキビと同じなので、夜更かしをして寝不足の状態が続いたり、無理なダイエットで栄養が偏らないようにして、規則正しい生活習慣を送ることが必要です。

そして、どうしても治らない時は、専門のクリニックや皮膚科で診てもらいましょう。

 

 

女性の薄毛の原因と特徴を知る

 

男性のほとんどが悩む薄毛の症状は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症というタイプですが、この場合は頭頂部が薄くなる、生え際から後退していくM字脱毛、それに両方同時に進行するなどが代表的な症状で、遺伝的な影響が強いと言われています。

そして女性もまた髪のことで悩みを抱えている人が多くいらっしゃいますが、その症状や原因は、男性とはまた違ったものとなっています。

女性に多い症状としては全体的に髪が細くなり薄くなるびまん性脱毛症と呼ばれる脱毛症があります。

この場合は全体にまんべんなく薄くなっていくため、進行していても気づきにくいこともあり気づいた頃にはかなり進行していることもあります。

このほかで多い症状としては、産後の女性に特有の産後脱毛症もあげられます。

妊娠中は女性ホルモンの量も増えますので、髪が抜けにくくなりますが、産後は通常の状態に戻りますので、髪が一気に抜け始めます。

多くの場合はある程度の期間が過ぎると自然と回復していきますが、時には改善が遅くなる、そのまま薄毛へと進行していくこともあります。

その他に、髪が長い人に起こる脱毛症としては牽引性脱毛症というものもあります。

これは髪を束ねるときに強く引っ張りすぎることで生え際部分が薄くなる症状です。

改善のためには髪をよりゆるくまとめる、結ばなくて良い長さにカットするなどの方法も取り入れていきましょう。

さらに自己免疫の影響などで一部の髪がすっぽり抜けてしまう円形脱毛症も多くの人が悩んでいる症状です。

女性の髪が薄くなる原因としては更年期などのホルモンバランスの変化、食事制限ダイエットによる栄養不足、このほかでは血流の悪さ、ストレス、睡眠不足、間違ったヘアケアなど様々な要素があります。

改善のためにはできるだけ原因となる要素を取り除き正しいヘアケア、頭皮ケアを行うことが大事です。

努力で改善が難しい場合は、一時的にウィッグでカバーする、エクステでボリュームアップするという方法もあります。

かなり症状が進んでいる場合は医療機関による本格的な薄毛治療も取り入れてみると良い改善が得られることもあります。

しかし、女性が薄毛になる要因は、日頃の生活習慣が大きく影響していると言われています。

今までの生活習慣を見直して、最低でも、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂る、夜更かしは絶対に避けて毎日6時間以上の睡眠を確保する、ストレスを溜めない、適度な運動をするなど、これらのことを守る生活習慣を身に付けるように心掛けましょう。