酵素をたっぷりと含む食材を積極的に食べる!

 

酵素は体のさまざまな働きを支え、生命活動を行ううえで絶対不可欠な栄養素の一つですが、この酵素が主に体内でどのような働きをするかと言うと、消化と代謝という2つの役割です。

もともと体内に存在する酵素は「潜在酵素」と言われ、それに対し、食物などの外部から取り入れる酵素を「食物酵素」と言います。

さらに「潜在酵素」は、普段の食事で摂取したものを消化するために使われる「消化酵素」と、さまざまな代謝機能に使われて生命活動にかかわる「代謝酵素」の2種類に分かれます。

体内にたっぷりと酵素が存在し、それぞれの働きがスムーズに行われていれば、食事で摂取した物が吸収されてエネルギーに変わるという消化機能が正常に働き、全体の代謝機能も活発になり、健康的な体を維持することができます。

しかし、体内の酵素の数は有限ですので、食べ過ぎの食生活を続けたり、肉料理や高カロリーな油っこい揚げ物などばかり食べていると消化のために多量の酵素が使われてしまい、体内に存在する酵素が減少してしまいます。

すると、消化機能が鈍って内臓脂肪を蓄積しやすくなり、代謝も悪化して太りやすくなり、さらに、肌トラブルが起きたり、さまざまな体の不調が現れてきます。

もし、ダイエットを実践していても、なかなか痩せられないと感じている方は、体内の酵素不足が原因かもしれません。

ダイエットを成功させるには基礎代謝量が大きく関わっていますが、酵素不足は基礎代謝量の低下を招くことになり、これがダイエットの効果が出ない原因になるわけです。

このような酵素不足を補うには、生野菜やフルーツ、発酵食品などの酵素がたっぷりと含まれた食材を食べて、外部からの酵素を補うことが必要です。

巷では、酵素を含んだドリンクやサプリメントを摂取する酵素ダイエットが話題になっていますが、このダイエット法は、食物酵素を取り入れて基礎代謝量を高め、痩せやすい体を作り、健康的に痩せるというものです。

現在は、各メーカーから多くの酵素ドリンクやサプリメントが市販されておりとても便利ですが、普段の食事では生野菜やフルーツ、刺身、発酵食品などから酵素を摂取することができます。

このように、体内の酵素は普段の食事内容によっては無駄に浪費されて不足状態を招くことになります。

そんな不足状態を改善するには、酵素をたっぷりと含んだ食材を積極的に食べることです。

そして、酵素を無駄使いする暴飲暴食や食べ過ぎの食事をしないように注意しなければなりません。