基礎代謝量を高めることがダイエットには必要!

 

手っ取り早く痩せたいからと言って、脂肪や炭水化物を極端に減らしたり、朝食や昼食を抜いて1日2食だけにしたりと大幅に食事量を減らす食事制限だけによるダイエット法を行ってしまう人が結構いらっしゃいます。

また、現在、世の中は、テレビ番組で紹介されたり、雑誌に掲載されたりしてざまざまなダイエット法が紹介され、数多くの手法のダイエットが溢れ返っている状態です。

しかし、その中には、「○○するだけで簡単に痩せられる・・・」と謳いながらも、「○○と○○は食べてはダメ・・・」という規制が多く、結局は無理な食事制限を強いられる手法が少なくありません。

それでも、痩せたいと願う人達は、食欲を我慢して食事制限によるダイエットを始めますが、結局は、ストレスでがんじがらめになり、ダイエットの失敗を繰り返すパターンがほとんどです。

そもそも人間の体は、食事量を減らせば減らした分だけ痩せられるというほど単純ではありません。

確かに、食事制限を始めて数日間は体重が減ってきます。

しかし、それは一時的なもので、時間の経過とともに体重の減少はストップしてしまいます。

その原因は、体が少ない摂取エネルギーを感知して“飢餓状態”にシフトしてしまうからです。

ようするに、体が生命を維持するために少ない摂取エネルギーに対し“省エネモード”に切り替えて無駄な消費を控えて、体内にエネルギーを溜め込むようになるということです。

そして、この時点で、もう一つの致命的な問題が起こっています。

それは、基礎代謝量が低下しているということです。

実は、食事制限だけで減少した体重の中身は、体脂肪より筋肉のほうが多く消費されています。

体内で最も多く基礎代謝が消費される器官は筋肉なので、筋肉の減少とともに基礎代謝量も低下してしまうというわけです。

この基礎代謝量は一般的な社会生活をしている人なら、1日の総消費エネルギーの約60~70%も占めていますので、痩せるためには重要なポイントとなります。

ダイエットが楽に行えて、しかも、確実に痩せるには、この基礎代謝量をいかに高めるかにかかっているというわけです。

いくら頑張って食事制限を続けても、基礎代謝量を低下させて太りやすい体を作っているだけで、そもそも、いつまでも無理な食事制限は続かないので前の食事に戻した途端に、あっという間にリバウンドで激太りという悲しい結果に終わることになります。

健康的で確実に痩せられるダイエット法を求めるなら、まずは、「ダイエットは食事制限で痩せられる・・・」という誤解を正して、基礎代謝量を高めることを考えましょう。

そして、運動で消費エネルギーを高めることが必要ですが、基礎代謝量を高めるために筋力トレーニングと体脂肪を燃焼するためにウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を併行して行うことが理想的な運動になります。